横浜スパークリングトワイライト2019 花火ありグルメありのイベント!

 

横浜スパークリングトワイライトは神奈川県横浜市で開催されます。

横浜スパークリングトワイライトは花火大会だけでなくパレードやシーサイドレストラン、海上でのパフォーマンスや船のイルミネーションなどなど盛りだくさんの内容となっています。

まだ行ったことがないという方。ぜひ今年こそ足を運んでみませんか?

浴衣を着た若い方たちや小さな子供を連れた家族連れなどたくさんの方々でにぎわっています。

横浜スパークリングトワイライトの日程や場所、アクセスや花火、イベント内容などをご紹介します。

 

横浜スパークリングトワイライト 日程・場所

横浜スパークリングトワイライトの日時ですが、毎年7月中旬に2日間開催されています。

日程:7月中旬 場所(会場):神奈川県横浜市中区山下町279 山下公園およびその周辺、公園前海上

 

 

横浜スパークリングトワイライト アクセス

みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩約3分 JR根岸線「石川町駅」より徒歩約15分 JR根岸線「関内駅」より徒歩約20分

 

 

 

 

イベント

横浜スパークリングトワイライトでは花火大会だけでなく、日中からイベントが開催されますから、昼も夜も楽しめますよ。  

イベントは、

・花火の打ち上げ ・パレード ・ステージでのライブ ・消防船の放水など海上でのデモンストレーション ・屋外に設置されたレストラン&バー ・イルミネーションがほどこされた船やライトアップ  

といった内容となっています。陸上と海上で様々なイベントが行われています。

 

 

 

 

シーサイドレストラン

 

シーサイドレストランは横浜スパークリングトワイライトで2日間とも開催される人気のレストランコーナーです。

11時30分~20時30分まで営業しているので、ランチやディナーとして楽しめます。

横浜の老舗のレストランや名店がずらりと並びますので、横浜グルメも楽しむことができます。

 

 

崎陽軒のシュウマイ、横濱八十八のうなぎ、カツレツの老舗「勝烈庵」のカツサンドにかつ丼、串カツ、

その他にはビールにピッタリの小籠包などなど、充実した品揃えでどれを食べようか迷ってしまいますね。

午後にはバーコーナーもオープン。

子供だけでなく大人も楽しめると好評です。

 

 

 

トワイライトジュエリーポート

 

また、夜になるとイルミネーションがほどこされた船が山下公園前海上に現れます。

海のそばで開催されるイベントならでは、といった演出ですね。

ライトアップされた氷川丸、マリンタワーやなど光のイルミネーションが、横浜スパークリングトワイライトの夜を彩ります。

 

 

 

 

横浜スパークリングトワイライト花火 打ち上げ場所

横浜スパークリングトワイライトの花火の打ち上げ場所ですが、会場である山下公園前の海上が打ち上げ場所となります。

 

■花火の打ち上げ場所 神奈川県横浜市中区山下町279 山下公園前海上 横浜港

 

 

 

横浜スパークリングトワイライト 花火の時間

横浜スパークリングトワイライトの花火は二日間とも打ち上げられます。

横浜スパークリングトワイライトの花火の時間は19時30分~20時で、一日3000発、二日間で合計6000発の花火が夜空に打ちあがります。

 

 

 

横浜スパークリングトワイライト 花火の穴場

花火をどこで見るかについても悩みの種ですよね。

横浜スパークリングトワイライト花火の会場である山下公園はやはり混雑しますから、できれば混雑を避けたいところ。

横浜スパークリングトワイライトの花火の穴場でおすすめなのが「赤レンガ倉庫」です。

赤レンガ倉庫は激しい混雑を避けることができる上、花火が良く見えますのでおすすめの穴場です。

また、芝生もあり大きな広場のようになっていますので、ゆっくりと観賞できます。

 

 

 

 

まとめ

横浜スパークリングトワイライトは、開催されてまだ数回という新しいイベントですが、花火ありグルメありイベントありの楽しめる人気イベント。

また、中華街まで徒歩5分、多くの観光スポットへ行くのもアクセスが良い場所で開催されますから、横浜の観光も楽しむことができます。

横浜スパークリングトワイライトの花火は、赤レンガ倉庫から見るなど、会場以外の場所からでも花火が見えやすい場所がありますから、激しい混雑に巻き込まれることなく綺麗な花火を見ることができます。