新宿御苑の梅2019 見ごろ・開花時期・アクセス・駐車場

 

新宿御苑の梅は、約300本近くの紅白の梅が咲き誇ります。

信州高遠藩主の内藤家の下屋敷跡であり、敷地がとても広い公園なのです。

梅の木はイギリス風景式庭園、玉藻池、日本庭園などの梅林にそれぞれ植えられています。

新宿御苑(しんじゅくぎょえん)は梅だけでなく、四季を通じて様々な花を鑑賞することができる東京の人気スポットです。

新宿御苑の梅2019年の見ごろ・開花時期・アクセス・駐車場などの情報をご紹介します。

 

新宿御苑梅の見ごろと開花時期

新宿御苑梅の見ごろと開花時期ですが、新宿御苑の梅は、見ごろを迎える開花時期は、例年2月中旬から3月中旬ごろとなります。

日本庭園や玉藻池など園内各所で見ることができます。

梅の開花時期には、カンザクラ、カワヅザクラなどの早咲きの桜も咲き、見頃になると、とても華やかな梅と桜の競演がみごとです。

メジロなどの鳥もやってきますから、探してみて下さいね。

 

 

 

梅以外にも、水仙やフクジュソウなどさまざまな花が咲き始めます。

温室では南国の珍しい花や植物も見ることができ、新宿御苑は梅だけでなく、他の花たちもたくさん見ることができますのでおすすめです。

開花情報などは、新宿御苑のホームページ「最新情報」のページで知ることができます。

開花状況をチェックして、新宿御苑梅の見ごろの時期におでかけになってください。

梅まつりは特に開催されていないそうですよ。

 

 

 

 

新宿御苑は公園ではありますが一般的な公園とは少し違いますので、無料では入れませんし、24時間開放されていません。

開園時間は9時から16時までで、16時30分に閉園します。 入園料は幼児が無料、小中学生は50円、大人は200円です。

休園日は月曜日ですが、祝日にあたる場合は月曜日でも開園し、翌日がお休みとなります。

また、公園の周辺は、百貨店や名店などがたくさんあります。

デパ地下などでおいしいランチを用意して、新宿御苑の梅を見に出掛けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

宿泊・ホテル

 

東京都新宿区にある新宿御苑、周辺の宿泊施設やホテルです。  ↓ ↓ ↓ ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

新宿御苑の梅 アクセス

 

新宿御苑の梅が見られる場所は、東京都新宿区内藤町11です。 入り口は、新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門の3カ所があります。

公共交通機関から行かれる場合の新宿御苑の梅へのアクセスは、場所が新宿という利便性の高い立地なこともあり多数あります。

電車から新宿門へ行くルートだけでも、5通りあります。

 

 

駅からの移動時間が最も身近いルートは、3通りです。 都営新宿線の新宿三丁目駅からは、C1もしくはC5出口を利用すれば、5分で到着します。

東京メトロ副都心線も駅名は同じく新宿三丁目駅ですが、こちらはE5出口を利用してください。 東京メトロ丸の内線は、新宿御苑駅の出口1からでましょう。

続いて2番目に近いのは、駅から徒歩10分の新宿駅南口です。 こちらは、小田急線、京王線、JR線の3線が通っています。

最も遠いのは西武新宿線の西武新宿駅で、歩いて15分ほどかかります。

 

 

 

 

新宿御苑の駐車場

 

新宿御苑の梅へ車で行かれる場合は「大木戸駐車場」という有料駐車場があります。

公園に行く方のために運営されている駐車場で、場所は大木戸門のすぐ横です。