清水みなと祭り2018 花火の打ち上げ場所は?さまざまなイベントも!

 

清水みなと祭り静岡県静岡市で開催されます。

かっぽれ総踊り、海上自衛隊による護衛艦の一般公開、海上花火大会など、3日間たっぷり楽しめるお祭りです。

夏祭りとなるこのイベントには、例年30万人以上の人でにぎわいます。

8月の初旬に3日間開催される清水みなと祭りには、イベントもさまざま行われます。

最終日には清水みなと祭りで花火大会も開催されますから、めいっぱい楽しんじゃいましょう♪

 

清水みなと祭り スケジュール

 

 

清水みなと祭りでは花火大会だけでなく、さまざまなイベントもおこなわれます。

まつりの開催期間は3日間ですが、主なスケジュールをご紹介します。

 

 

■1日目 清水ゆかた踊り地踊衆、港かっぽれ総おどりなど。   

■2日目 海上自衛隊護衛艦の一般公開、航空自衛隊、陸上自衛隊の特殊車両や装備品の展示。 次郎長道中、港かっぽれ総おどりなど。  

■3日目 海上自衛隊護衛艦の一般公開、航空自衛隊、陸上自衛隊の特殊車両や装備品の展示。 次郎長道中、神輿渡御、船のパレード、海上花火大会など。

 

 

 

 

清水みなと祭り

日程:2018年8月初旬 3日間

場所:静岡県静岡市清水区周辺

 

 

港かっぽれ総おどり 会場

「港かっぽれ総おどり」「清水ゆかた踊り地踊衆」は さつき通りで開催されます。 さつき通りへのアクセスは、静岡鉄道「新清水駅」東側、JR清水駅西側にすぐのところにある大きな通りです。

 

 

 

 

海上自衛隊一般公開 会場

海上自衛隊の催しは、花火大会の会場でもある 清水港日の出埠頭でおこなわれます。

清水港日の出埠頭へのアクセスは、静岡鉄道「新清水駅」より徒歩約15分、JR清水駅より徒歩約20分くらいです。

 

 

 

清水みなと祭り海上花火大会

 

清水みなと祭り海上花火大会は、約1万発の花火が船から打ち上げられます。

間近で迫力のある花火を見ることができるとあって、大変人気の花火大会です。

清水港祭りの海上花火大会の当日は、夕方ごろになるとレジャーシートを敷いて、花火の打ち上げを待つ人でにぎわいます。

海辺で開催するため、海風が吹くと暑さもそれほど感じさせないこともあります。

清水みなと祭り花火の海上である、日の出埠頭周辺には屋台などの飲食ブースもあります。

荒天で中止になった場合は花火大会の順延はありません。

 

 

 

 

清水みなと祭り花火大会 日程・時間・場所

清水みなと祭り海上花火大会の日程や時間、花火の打ち上げ場所などをご紹介します。

 

花火日程:8月初旬 花火セレモニー:18:15~ 花火時間:19:30~20:30 花火会場:清水港 日の出埠頭 花火場所:静岡県静岡市清水区日の出町

 

■清水みなと祭り花火打ち上げ場所

 

 

 

清水みなと祭り花火 アクセス・駐車場

清水みなと祭り花火会場へのアクセス、駐車場情報です。

アクセス:静岡鉄道「新清水駅」より徒歩約15分、JR清水駅より徒歩約20分 駐車場:無し  

清水みなと祭りでは駐車場は特別に設けられていませんので、周辺の有料駐車場を利用することとなります。

しかし、周辺の有料駐車場は数が少ないため、清水みなと祭りへのアクセスは、電車やバスなどの公共交通機関を利用するのがおすすめです。

また開催期間中、花火大会会場周辺、市内や駅周辺では交通規制が行われるため、注意が必要です。

 

 

 

宿泊・ホテル

 

静岡県静岡市、清水みなと祭り会場周辺のホテル・宿泊施設です。  ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

まとめ

清水みなと祭りのメインストリートであるさつき通りでは、清水みなと祭りの華「港かっぽれ総踊り」がおこなわれます。

色鮮やかな衣装を着た約2万人が踊りを披露します。

また、清水みなとまつりでは海上自衛隊の護衛艦や海上保安庁の巡視船、陸上自衛隊の特殊車両などが特別に一般公開されます。

こちらも清水みなと祭りの見どころとなっています。

小さい子供からお年寄りまで人気を集めているイベントなので、ぜひこちらも見学されることをおすすめします。