神楽坂祭り2019 阿波踊りやほおずき市・屋台もチェック!

 

神楽坂祭りは東京都新宿区神楽坂1丁目から、神楽坂通りや毘沙門天善國寺で毎年夏に行われている祭りです。

神楽坂まつりでは、ほおずき市や阿波踊りなどが行われます。

阿波踊りは神楽坂通りで約20の連が、囃子の音とともに軽快に踊ります。

ほおずき市の期間中は、浴衣コンシュルジュが神楽坂祭りを案内してくれます。

 

神楽坂祭り 日程・時間

神楽坂祭りの日程と時間ですが、毎年7月最後の水曜日~土曜日の4日間開催されています。

 

■日程・時間 7月下旬

 

■スケジュール

ほおずき市 阿波踊り大会  

最初の2日間がほおずき市で、残りの2日間が阿波踊り大会となります。

 

 

 

 

神楽坂祭り ほおずき市

毘沙門天善國寺前にて行われる「神楽坂祭り ほおずき市」では、名前の通りほおずきの鉢を販売しています。

 

 

 

ほおずき市 場所(毘沙門天善國寺) 東京都新宿区神楽坂5丁目5−36

 

 

立派なほおずきが成った鉢植えは夏を感じさせてくれますね。

神楽坂まつりのほおずき市では地元の商店の方々による販売のため、お安い価格で購入することができます。

また、境内では縁日やステージでのパフォーマンスを楽しむことができます。

 

 

 

 

神楽坂祭り 屋台

神楽坂祭りでは、ほおずき市開催期間中に屋台も出ていますが、この屋台が通常の屋台とひとあじ違っています。

近隣飲食店やレストラン約50店舗が屋台として店を出しているので、神楽坂グルメを一気に満喫できるというわけです。

屋台といえど、各お店が工夫をこらし、腕によりをかけた料理を楽しむことができることから、神楽坂祭りの屋台を楽しみに訪れる方々も多くいます。

 

 

 

神楽坂 阿波踊り

 

 

東京では阿波踊りを夏祭りに踊るところがありますね。神楽坂祭りの阿波踊りもそのうちの一つです。

クライマックスの神楽坂の阿波踊りは、神楽坂の上からも下からも一気にスタートして踊り出す為、かなり盛り上がります。

20連もの団体踊る為、本場の徳島にも負けないぐらいの盛り上がりとなります。

 

 

 

神楽坂祭り 場所・アクセス

神楽坂祭りの場所(会場)は東京都新宿区神楽坂1~6丁目 神楽坂通りとなります。

 

 

神楽坂祭りでは駐車場は特別に設けられていません。

神楽坂祭りへのアクセスはJRなどの公共交通機関を利用することとなります。  

JR「飯田橋駅」西口から徒歩1分 東京メトロ線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」b3出口を出てすぐ 大江戸線「牛込神楽坂駅」徒歩1分 東京メトロ線「神楽坂駅」徒歩4分

となっています。

 

 

神楽坂祭りは子供も楽しめる縁日もある為、小さい子供からお年寄りまで古き情緒を満喫しながら祭りを楽しむ事ができます。

今年の7月下旬は神楽坂で阿波踊りを踊って夏の夜を満喫しましょう。