波佐見陶器市2019 秋の陶器まつりの開催はあるの?

 

長崎県の「波佐見陶器まつり(波佐見焼の陶器市)」は毎年春におこなわれています。

陶器市といえば、全国的に春や秋におこなわれているところが多いですね。

波佐見陶器まつり(波佐見焼陶器市)も毎年春に開催されています。

秋の開催はあるのか?について、波佐見陶器まつりは秋の開催はありませんが「秋陶めぐり」が開催されています。

 

 

波佐見陶器市 秋の開催はある?

波佐見焼の陶器市「波佐見陶器まつり」が開催される場所は長崎県東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)波佐見町という人口約15,000人ほどの小さな町です。

近年、全国的に人気となった波佐見焼の陶器市とあって、九州以外からも観光客が訪れるようになりました。

波佐見陶器まつり(波佐見焼陶器市)は毎年ゴールデンウィークの期間中、7日間開催されています。

毎年春に開催される波佐見焼の陶器市「波佐見陶器まつり」は春のみの開催で、残念ながら秋の開催はありません。

しかし、波佐見陶器市は秋の開催はありませんが、「秋陶めぐり(10月下旬)」という波佐見焼のイベントが開催されています。

 

 

 

秋陶めぐり

「秋陶(しゅうとう)めぐり」は毎年10月下旬の土日に2日間開催されています。

秋陶めぐりは、陶器市ではなく波佐見焼の窯元めぐりで、

長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷にある陶郷中尾山一帯(中尾山交流館)の窯元を歩いてまわります。

この辺りは、波佐見町の中でも窯元が集中している場所で、秋陶めぐりでは窯元をまわりながら、窯元の店内や軒先に並べられた波佐見焼の陶器を購入することができます。

 

 

秋陶めぐりのメイン会場となるのは「中尾山交流館」です。

中尾山交流館には中尾山にある18の窯元の作品が一堂に集まり、販売されているギャラリーです。

秋陶めぐりでは窯元の見学や、絵付け体験などのイベントも楽しむことができます。

春になると同じ場所で、同じく波佐見焼の窯元めぐりである「桜陶祭」も開催され、桜が咲くなかで開催されるこちらも人気のイベントとなっています。

 

 

■中尾山交流館(長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷157)

 

 

 

まとめ

波佐見陶器まつりは秋の開催はありませんが、「秋陶めぐり」という、波佐見焼を購入することができる秋のイベントがあります。

秋陶めぐりは窯元を見学することができますから、陶器市とはまた違った雰囲気で波佐見焼を楽しめます。

新たに波佐見焼の良さを発見することができるのではないでしょうか。

波佐見町には、はさみ温泉「湯治楼」という温泉施設がありますので、帰りに温泉に入って帰っても良いですね。