郡上おどり2019 徹夜踊りで朝まで踊る!

 

岐阜県郡上市八幡町で行われる「郡上おどり(ぐじょうおどり)」。

1か月以上という超ロングランで開催する祭りです。

7月中旬から9月の初めまで開催されます。

市内のどこかに行けば、踊りをみることができるほど。今年こそ郡上八幡踊りに参加してみてましょう!

 

郡上おどり 徹夜踊り

郡上祭りともよばれる郡上おどりは、夜が中心で20時ごろから23時ごろまで開催されます。

とくに観光客が多く訪れるのは、お盆の時期に開催される郡上おどりの「徹夜踊り」。

夜の20:00ごろから翌朝4:00、5:00ごろまで誰もが踊りあかします。

   

この郡上徹夜踊りを見ようと、全国各地から多くの人が訪れます。一晩で2万人もの人出になることも。

徹夜踊りに参加する人はお昼間にしっかり睡眠をとって21時~23時頃から踊りに参加するようです。

見学もよいですが、とにかく踊らないとその楽しさが分かりません!

一人でも家族でも楽しめます。初めての人でも参加しやすい郡上おどり。こういう機会でこそ楽しみましょう!

 

 

 

 

郡上踊り 踊り方

郡上の祭り、郡上おどりは参加型の祭り。踊りたいと思った人が誰でも参加できる、気軽な祭りとしても有名。

とはいえ、初心者がこの踊りに参加しても大丈夫なんでしょうか?

郡上踊りの種類は10種類。

え?10種類もあるの?!と思われるかもしれませんが、どれも軽快で踊りやすい内容です。

 

 

かわさき

その一つが「かわさき」。もっとも有名な踊りで、優雅な手の動きが特徴的です。

 

 

 

 

春駒

もう一つが「春駒(はるこま)」という踊り。かわさきよりもテンポがはやく、踊り終わる頃には汗だくになるほど。

 

 

 

ほかにも「三百」や「ヤッチク」と呼ばれる踊りもありますが、振り付けの基本は簡素なので、見よう見まねで踊ることができ、誰でも飛び入り参加できます。

 

 

 

郡上おどり 場所・アクセス

郡上おどりが開催される場所は、岐阜県郡上市八幡町です。

旧庁舎記念館前、八坂神社、城山公園、川原町など市内各所が郡上おどりの会場となります。

郡上おどりへのアクセスは、最寄り駅は長良川鉄道「郡上八幡」駅下車し、徒歩20分くらいです。

車で行く場合の郡上踊りのアクセスですが、東海北陸自動車道「郡上八幡IC」東側の市街地に踊り会場があります。

踊り会場はどこの会場も徒歩圏内にあります。

 

 

 

 

郡上おどり 駐車場

車で行く場合の郡上おどりの駐車場ですが、

徹夜おどり開催期間中などは、市営駐車場以外にも臨時駐車場や民間の駐車場などが用意されます。

早めに現地入りして駐車場を確保してくださいね。

 

 

 

 

郡上おどり 宿泊・ホテル

 

岐阜県郡上市の郡上おどり、会場周辺の宿泊施設やホテルです。

温泉に入って帰るのはいかがでしょう。

 ↓ ↓ ↓ ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

郡上おどり 日程

気になる郡上おどりの日程ですが、例年7月初旬からスタートします。

詳しいスケジュールは郡上市の公式ホームページから確認できるのでチェックしてみてください。

土日はほとんど何かしらの踊りが市内各地で開催されています。

一番の見どころはやはりお盆の時期に開催される徹夜踊り。

長い期間で開催しているので、スケジュールが合う日に行ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

郡上おどり 主なスケジュール

・おどり発祥祭 ・小中学生おどり発表会 ・個人おどりコンクール ・徹夜踊り ・団体おどりコンクール ・おどり変装コンクール ・おどり納め